back

「エリーゼのために」

悲しい歌はもう聞こえない  くたびれた金色バレエシューズ

時計仕掛けの君をいつまでも 見失うことはないでしょう

 

鏡のステージで 踊る君よ 何度も何度でも  見とれてしまうような孤を描いて

 

エリーゼ何時だって君のために エリーゼ何度だって僕は叫ぶ

エリーゼ心の奥にしまっている エリーゼそれは恋かもしれないぜ

 

嗚呼君をずっと閉じ込めて いくつもの宝石たちと一緒に

オルゴールを幾度も鳴らすのさ そのたび君が踊りだすから

 

綺麗なオレンジ 君のその髪 見とれてしまうような 

誰にも見せないビスチェの向こう側で

 

エリーゼ忘れてなんていないなら エリーゼもう一度だけ泣いてみて

エリーゼ君がいればいくらだって エリーゼ辛い明日も越えていけるぜ

 

エリーゼ愛する君のため エリーゼ僕にできることは一体何?

エリーゼ何時だって君のために エリーゼ何度だって僕は叫ぶ 

エリーゼ心の奥にしまっている エリーゼそれは恋かもしれないぜ

inserted by FC2 system